九星気学の無料相性診断の仕組み【祐気取りというのを行うと良い】

それぞれの線の意味

手相

左右の結婚線の違い

占いの種類はたくさんありますが、なかでも手相占いは人気のある種類の1つです。ただ、一般的に左手と右手の手相は異なることが多いため、どちらで見れば良いか迷うという人も多いのではないでしょうか。基本的に、左手は「持って生まれた運勢」「生まれついての性格」などを表します。左手に良い意味を持った手相が刻まれているなら、何か才能がある、運が強いということ。その分野でのポテンシャルが高く、少しの努力で大きな結果が得られる可能性があります。一方、右手は「努力して得た才能」「成長した現在の姿」を表します。右手の手相が良いものであれば、これまで努力して生きてきたということになります。ただし、結婚線は少し事情が異なります。結婚線とは、手のひらの小指の付け根下から感情線までの間を走る横線のこと。この線は、結婚の時期を表しているといわれており、感情線の位置を20歳、小指の付け根を位置を50歳としてみて、どこにあるかで結婚の時期を知ることができます。ただし、3本の結婚線があるからといって3回結婚するというわけではありません。結婚のチャンスが3回あったということです。結婚線が感情線のすぐ上にあり、実際の年齢は30代半ばで未婚ということであれば、20代前半に結婚のチャンスがあったが逃してしまったということになります。なかにはまったく結婚線がないという人もいますが、これは結婚への興味が本人にないことがほとんど。恋人ができて結婚を意識すると線ができてくることがあります。ここで気になるのが、左右の手に出る結婚線の数の違いです。これが何を意味するかと言うと、右手の場合は「本人が結婚したいと思う回数」であり、左手の場合は「相手から結婚したいと思われる回数」となります。両手を合わせてみて、ぴったり同じ位置に結婚線があった場合は、成婚に結びつく可能性は高いと言われています。